各地のとら巻き

実は長崎県島原半島以外にも[とら巻き]によく似たお菓子があるんです。

島原半島のとら巻き

形は壱岐のかす巻きに比べて寸胴で、カステラ生地の表面にザラメがまぶしてあります。

名前は、カステラ生地が無地でも虎模様でも「とら巻き」と呼ばれる事が多いようです。

中のあんこはお店ごとにつぶあんだったり、こしあんだったり・・・

お店ごとに製法や見た目も違いますので、様々な味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

島原半島のイメージ


壱岐・対馬のかす巻き

形は壱岐のものは細長く、対馬のものは寸胴としているのが特徴です。

壱岐・対馬では、圧倒的に「かす巻き」と呼ばれています。

かす巻きは、江戸時代に貿易で栄えた対馬藩の藩主が参勤交代から帰ったおりに、長旅の疲れを癒すためのお菓子として、当時の贅沢品、あんをたっぷり使い、まだ珍しかったカステラ生地で巻く”かす巻”を考案した事から始まったとされていて、現在でも縁起のよいお菓子として地元の人々には「加壽萬喜」として愛されています。

島原半島のイメージ


四国のタルト

愛媛県を代表する郷土菓子に「タルト」というお菓子があります。カステラ生地で餡を巻いている所は似ていますが、見た目は「の」の字をしています。

この「タルト」は一説に松山の殿様によって長崎から伝えられた南蛮菓子タルトから発展したと言われており、長崎の「とら巻き」と何か歴史的な繋がりを感じさせます。

四国のイメージ