コンセプト

なつかしいふるさとの心をお届けします

 水の都・島原の大自然の中で、創業以来、昔ながらの製法にこだわって作り続けています。長崎・島原に伝わる、とら巻、かす巻き、カステラは、砂糖が貴重だった江戸時代の海外貿易の歴史とともに生まれた長崎伝統の和菓子。口にふわりと広がる素朴でなつかしい味わいは、郷土に受け継がれた食の記憶ともいえるでしょう。
これからも「お求めやすい価格の和菓子をお客様にお届けする」ことをモットーに、ほっと一息つける時間をお客様にお届けできるよう、ふるさとの心を伝えるお菓子の開発・提供に努めてまいります。
とら巻き 写真



島原名物 かす巻き

 江戸時代には、とても珍しいお菓子だったカステラ。さらに、鎖国時代唯一の国際貿易港だった長崎でのみ手に入った貴重な砂糖をまぶした“かす巻き”は、大変高価で貴重な伝統菓子です。長崎から大阪・江戸へ砂糖を運ぶ長崎街道沿いでは、砂糖を手に入れる機会も多かったようです。その一部が、島原へも流通したのでしょう。小豆あんをカステラ生地で巻き、砂糖をまぶした和風ロールケーキは、当時の状況を考えると贅沢の極みではありますが、大切な客をもてなしたいという気持ちが表れた最高級のお菓子ともいえるでしょう。